×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


〜Vol.2〜

まずは洗車。整備の基本である。
まだ服を纏ったけがれを知らぬ生娘よ・・・。

この時点ではキックしてもエンジンかからず。
だが、圧縮はある。

 恥じらう間もなく男どもに容赦なく脱がされてSRが泣いていたかどうかは不明だが、着々と作業は進められていく。
 シートが外れているが、どうやって外すのかわからずにだいぶ難儀した。
 脱がされまくってネイキッド(裸)どころかスカスカ。
さて、サイドカバーもバッテリーボックスもエアクリーナーボックスも綺麗に取り去られているが、これは大変だった。 まず、サイドカバーを外すのに必要な鍵穴の存在を全く知らなかったこと。次にエアクリーナーボックスを外すのに、 バッテリーボックスを外して通路を作ってもどこを通そうとしてもフレームに引っかかる。 最終的にはリアフェンダーもリアホイルも外し、後ろから引き抜いたのであった。
 キャブもマニホールドから引き抜き、バラしてみることに。中が腐ってたらどうしようという不安のもと。
 が、それ以前にフロートボール(フロートチャンバー?:フロートが収まっている部屋)が外れない。 留めている4本のビスが固着しちゃっているのだ。ねじ山が潰れてしまうという恐怖に怯えながら、各々がプラスドライバーで次々に挑戦していく。 CRCを気休めに吹き付けながら2本はなんとかドライバーで回ったが、残りの2本は我が隊の筋肉番長にしくんがプライヤーでビスの頭を掴んで・・・なんと回してしまった。 次回の作業からはショックドライバーは必須だと認識。
 幸い、フロート室はきれいなものだった。
本日の作業はここまで。

エンジンと足回り以外は綺麗に剥かれてしまったSRの図。

冬だけどなんとか裸でやり過ごしてください。

我が隊でコンプレッサーを購入しました。
今後活躍する予定。

安全弁・レギュレータ
オーバーヒート防止のブレーカースイッチ付
【仕様】
電源:AC100v(50/60Hz)
消費電力:1.5kw(2hp)
最高使用圧力:0.8MPa
充填開始圧力:0.5MPa
毎分吐出量:100L(50Hz)/119L(60Hz)
タンク容量:39L

エアツールや塗装、サンドブラストなど、充分使えるでしょう


BACK NEXT



トップページ ViolentDONKEYについて 団員&マシン紹介 旅先での注意事項 ツーリング告知 ツーリング記録 掲示板